子犬 ドッグフード

子犬にドッグフードを与えるときは

このエントリーをはてなブックマークに追加   

公開日:2016/2/1 更新日:2016/6/1
・食べさせる際の注意点
・成犬との栄養の違い
・一緒にしつけをすると◯
・子犬に食べさせたくないもの
・子犬に食べさせたいドッグフード

 

ほとんどのドッグフードには子犬用のものがあるので、子犬のためにおすすめするドッグフードは特にありません
あなたが気になったドッグフードを、特に気になるものがなければ当サイトでオススメしているドッグフードの子犬用でOKです
気をつけなければいけないのは、ミルクから切り替えるタイミングとしつけをしていくことです

 

ただドッグフードを食べさせればいい時期ではないので、あなた自身がやるべきことを把握しておかないと
成長したときに抑えがきかなくなる性格になることもあるので、この時期はドッグフードの与え方が重要になっていきます

 

子犬にドッグフードを与えるときに行いたいしつけ

まず必須となるしつけになるのが 「待て」 です
待てを覚えさせると、不必要に落ちているものや口に入りそうなものを食べるリスクをかなり減らせます
道端でちょっとかじれそうなものだと、花は種類によっては食べると致死的な症状を引き起こし、食糞に対するブレーキにもなります
家の中でもアクセサリや子供のおもちゃなど間違って飲み込んでしまうと、最悪手術をすることにも
こうしたリスクを回避するためにも、待てを覚えさせて我慢させることは子犬時に済ませたいところ

 

<待てのしつけ方法>

 

我慢させること、飼い主であるあなたの言うことに忠実であること
この2つを覚えるだけで、飼いやすさ・・・暮らしやすさは全然違うと思います
長い間一緒に暮らしていくためにも、早い時期からしつけをしていきましょう

 

成犬と子犬の取りたい栄養の違い

犬は子犬時の成長するスピードがめちゃくちゃ早く、そのために栄養もかなり多く必要になります
特に必要な栄養はたんぱく質と脂肪。とにかく体を大きくするためにかなりのエネルギーが必要になってきます
成犬、老犬時のわんちゃんだと与え過ぎると太るような量でも、子犬のときにはグングン体に吸収されていくんです。さすがは成長期!

 

体質にもよりますが、ある程度多く餌を与えても太らずに成長してくれるので楽でいいですし、すくすく伸びてくれるのは見ていてとても楽しいです
ドッグフードを選ぶ際にも、高タンパク、高脂肪のものを与えていくといいですね!保証成分のパーセント表示を見ればたんぱく質と脂肪の割合が分かるので確認してみてください

 

>>ドッグフードの選び方 保証成分と栄養バランスでもっと詳しくお話させていただいてます。よければこちらも参考に^^

 

子犬に穀類でできたドッグフードは厳禁!?

当サイトでは口を酸っぱくしてお伝えしているのですが、穀類はどんなわんちゃんにも与えるのはオススメできませんが子犬の時期はより一層厳禁

 

穀類は肉類に比べてアレルギーを発症しやすいので、小さい頃からアレルギーに飼い主の都合で症状に悩ませるのは気の毒ですし
何より穀類のたんぱく質は肉類のたんぱく質に比べて質が悪いので、成長の妨げになることも考えられるからです

 

そもそも犬は雑食といっても限りなく肉食に近い雑食なので、穀類の消化は不向き
どんな視点から見ても穀類は子犬の成長期には不要なので、原材料に穀類が多いドッグフードはできるかぎり子犬時期の子には厳禁
わざわざ成長を妨げる理由もないので、原材料で上位に穀類があるドッグフードは避けてあげましょう

 


 
犬について ドッグフードの選び方 オススメのドッグフード