ドッグフード 食べさせてはいけない

思ったよりも多い?!食べさせてはいけない食べ物

このエントリーをはてなブックマークに追加   

公開日:2016/5/6 更新日:2016/5/6
私たち人はある程度なんでも食べられるようにできていて、何が食べられるか・食べられないかを知識と理性で判別できます
ですが、大半の動物は食べてはいけないかどうかを判別する能力は持っていません
犬も同じで、実は食べさせてはいけない食べ物がかなり多くあります。それも、人にとっては有用な食べ物も多いのです
飼い主に知識がないばかりに、体調を崩し動物病院に通わなければいけない子もかなり多くいます・・・

 

知識さえつけておけばそうした危険もかなり減りますし、そもそもドッグフード以外食べさせないようにすれば同じように危険を減らせます
飼い主さんの環境によっては、ドッグフード以外食べさせない状況を作りにくかったりもするので、ある程度の知識をつけておいたほうがいいかなと思います!

 

危険度と誤食度の2つを設定し、星5つ判定でランキングにしてみました!
危険度は名前の通り食べると危ないもの、誤食度は食べてしまう可能性が高いとされているものです

 

犬に食べさせてはいけない食べ物 第1位 塩

食べさせてはいけない食べ物 塩

危険度★★★★☆ 誤食度★★★★★

 

塩は食べさせてはいけない食べ物の中では、比較的に安全な部類ではあります
ただ人の食べ物はほぼ塩分が入っており、犬にとっては必要がないほどナトリウム(塩分)が摂取できてしまい身体の器官に害を及ぼすので、人の食べ物は一切与えないようにしてください!味が濃いものに慣れるとドッグフードを食べなくなります。人がドッグフードを食べても味気ないなと感じることと同じなんです
1位にした理由としては、人の食べ物が犬にとって身近にありすぎるからです。どんな家庭でも一度は人の食べ物を食べたことがある子は多いでしょう
味をしめて、しつけをすることが大変なことも、たくさんの人が知っているのではないでしょうか
危険度は症状よりも常習性になりやすさを考えて★4つ。旦那さんやお子さんには食べ物を食べさせないようにきつーく注意です!
もし、食べさせてしまった場合、ネギやタマネギ類が入っていないか要注意。必ず確認してください

 

犬に食べさせてはいけない食べ物 第2位 チョコレート

食べさせてはいけない食べ物 チョコレート

危険度★★★☆☆〜★★★★★★ 誤食度★★★★☆

 

塩と同じくらい身近にある食べ物ですが、塩に比べると飼い主さんがチョコレートを食べない家庭もある分場合によりけりです
変わりにチョコレートは恐ろしいことに犬にとって死んでしまう可能性があるほど危険度の高い食べ物です
動物病院に最も運ばれてくる原因として多く、小さいお子さんが与えてしまったり、食べきれずに置いておいたものを食べてしまったりすることで倒れてしまいます
症状は嘔吐、下痢から始まって不整脈、高体温、、発作まであり、最悪の場合昏睡や死に至ることもあります。恐ろしい・・・(ガクガク
ミルクチョコ、ホワイトチョコ、ビターチョコなど、種類によって毒性は変わり、ビターチョコやブラックチョコなど、色の濃いチョコレートほど毒性が強くなります
もし食べてしまった場合は、即座に動物病院へ行くこと!もし病院が開いていない時間なら、辛いかもしれませんがわんちゃんに塩水を飲ませて多少無理にでも吐かせましょう
チョコレートはわんちゃんがいる場所では食べない・置かないことが第一、もし食べてしまったら命の危機になるほどですから、うっかりでは済まなくなってしまいます!

犬に食べさせてはいけない食べ物 第3位 ネギ・タマネギ

食べさせてはいけない食べ物 タマネギ・ネギ

危険度★★★★☆ 誤食度★★★☆☆

 

タマネギは犬が食べてしまうと赤血球を破壊してしまい、重度の貧血を起こしたりすることがあります
タマネギそのものを食べることなんてないよね・・・とお思いかもしれませんが、1位で挙げた人の食べ物に関係するといえばどうでしょう
カレー、肉炒め、すきやき、ハンバーグなど、挙げ始めるとキリがないですよね?知らずに食べさせていたことも全然あり得るのです
赤血球が壊されるスピードが尋常じゃなく早いので、赤血球が壊れて出てしまったヘモグロビンという赤い色素が、腎臓で尿として出てくると赤い血尿になるそうです。幸い私は見たことがありませんが、自分の目で見るとどれだけ驚くか想像すらできません・・・
わんちゃんがタマネギを食べて体から血の気が失せてしまうと、動いてもすぐにフラフラになってしまいます。命の危険はないかもしれませんが、わんちゃんにとって辛い状況であることに変わりはないので、当然食べさせないようにしましょう!

 

犬に食べさせてはいけない食べ物 第4位 キシリトール

食べさせてはいけない食べ物 キシリトール

危険度★★★★★ 誤食度★★☆☆☆

 

人が食べるガムなどを食べてしまうと、低血糖になってしまう恐れがあります
ぐったりしたまま動かない、けいれんを起こす、下半身が動かなくなる、失明するなど、あってはならない症状ばかり起こす犬の低血糖
さらには肝障害も併発する可能性もあるので、危険度はかなり高いです
キシリトールのガムは小さいお子さんにはあまり縁がないものですから、お父さんお母さんで低い場所には置かないことを約束しあえばわんちゃんの口にはいることはないでしょう
注意する場面は車の中でしょうか。運転席から手の届く位置にホイッと置きっぱにされたキシリトールガム
運転中にケージを使わずに車に乗せていると、口の届く範囲にあるキシリトールガムを食べてしまうことはあるかもしれません
可能性は上位3つと比べると下がりますが、油断してはいけない食べ物としてランクイン。もしわんちゃんがガムを食べられても歯磨きが大変そうなので食べさせたくないなぁ(^_^;)

 

犬に食べさせてはいけない食べ物 番外編 不凍液

に食べさせてはいけない食べ物 不凍液

 

危険度★★★★★★ 誤食度☆☆☆☆☆〜★★☆☆☆(地域によって変化)

 

厳密に言えば食べ物ではないので、番外編としてランクイン。不凍液は名前の通り凍らないように作られた液体のことです
寒冷地にお住まいの方ならお世話になることも多いかと思います。馴染みの無い方ももしかしたらどこかで手に入れる機会があるかもしれないので知っておいて損はありません
何故食べ物でもない不凍液が入るのかというと、犬にとって不凍液が美味しいと感じる液体だからです
これが凄くやっかいです。美味しい猛毒、人なら理性と知識で抑えられますが犬の場合そうはいきません
一度飲んでしまうと体内で活性化して猛毒化し、時間の経過によってどんどん危険な症状が表れ障害を抱えてしまうほどになります
4〜6ml/kgで致死性・障害が残るほどの強烈さなので、万が一にも飲まさないように注意です


 
犬について ドッグフードの選び方 オススメのドッグフード