ドッグフード プレミアムフード 安価フード

プレミアムフードと安価フードの本当の違いと疑問

このエントリーをはてなブックマークに追加   

公開日:2016/10/17 更新日:2016/10/30
最近流行になりつつあるドッグフードの種類の1つ、プレミアムフード
プレミアムの名前の通り上等、上質なドッグフードとして安価なドッグフードとはクオリティと価格がまるっきり違うドッグフードです

 

プレミアムフードと市販の安価なフードを比較する際に良く疑問として出るのが、本当に与えて意味があるのか、という点です

 

「プレミアムフードを与えたのに病気になった」
「安価なフードを食べさせていたけど常に元気だった」
「安価なフードを食べさせていたけど十分長生きしてくれた」

 

あんまり変わらないんじゃないの?という疑問は常に起こりえます。生き物に絶対はない以上仕方ないことでもありますが、高いものを与えている以上は安いものよりも圧倒的な効果を期待したくなるのも仕方ないことでもあります

 

人でも不摂生をして好き勝手な生活をしていても長生きする人もいれば
規則正しい生活、食生活をしているのに早く亡くなってしまう人だっています

 

プレミアムフードと安価フードの関係も同じで、あくまで傾向になる、と理解するのが一番だと思います
プレミアムフードの場合は長生きしやすい、健康になりやすい傾向になる
安価フードの場合は長生きしにくい、健康じゃない傾向になる・・・といったように、絶対、ではなくそうなりやすいのが傾向の違いになります

 

健康でいられる可能性の違い、これがプレミアムフードと安価フードの本当の違いです
それだけなら、まだ安価フードでもいいんじゃないの?と思われるかもしれませんが、まだまだ違いはあります

 

プレミアムフードと安価フードの本当の違い 健康は生き死にだけじゃない

ここまでのお話だとプレミアムフードと安価フードの違いは生き死にだけのものに聞こえるかもしれませんが、当然それだけではありません

 

生き物にとっての健康、というと様々。肌や毛など外面に影響のあるものから、内臓や胃など内面に影響にあるものなど挙げるとキリがありませんよね

 

安価フードに比べると、プレミアムフードの方が圧倒的に健康面に関しても有利
生き死にだけではなく日々生きていくための楽しみもまた健康による利点。誰だって持病を抱えたまま日々を過ごすよりも健康でいたいですからね。わんちゃんだって一緒です

 

絶対に健康に結びつくわけじゃありません。他にも環境の違いもありますし、怪我や病気には運も大きく絡みます

 

ですが、プレミアムフードは食事だけでも健康を目指せるのは間違いないです。健康の秘訣はどれだけいいものを積み重ねて、悪いものを積み重ねないかです
不確定要素も確かに多いですが、


 
犬について ドッグフードの選び方 オススメのドッグフード