ドッグフード 選び方 シュプレモ おすすめ

【ニュートロ産】シュプレモっておすすめなの?

このエントリーをはてなブックマークに追加   

公開日:2016/10/20 更新日:2016/10/20
シュプレモドッグフードはニュートロが作るドッグフード。どちらかといえば知る人ぞ知る系のドッグフードですね。市販でたまーに見かけることもあります
ニュートロは2016年初頭にペディグリーなどで有名なMARSと統合されています。経営方針がペディグリーなど安めのドッグフードの方向に向かないかと、ちょっといやな予感がしなくもありません(笑
それはさておきまして、実際にシュプレモはおすすめできるドッグフードなのでしょうか
まずは原材料から見ていきたいと思います

シュプレモの原材料を検証!

検証するためのドッグフードは、成犬用のもの。シンプルなので一番検証しやすいのでこちらを選びました

チキン生肉、乾燥チキン、玄米、粗挽き米、米糠、鶏脂*、乾燥ラム肉、乾燥サーモン、タンパク加水分解物、亜麻仁、ひまわり油*、ビートパルプ、オーツ麦、 トマト、ザクロ、ブルーベリー、クランベリー、パンプキン、ホウレン草、ニンジン、乾燥卵、ビタミン類(A、B1、B2、B6、B12、C、D3、E、β-カロテン、コリン、ナイアシン、パントテン酸、ビオチン、葉酸)、ミネラル類(カリウム、クロライド、セレン、ナトリウム、マンガン、ヨウ素、亜鉛、鉄、銅)、アミノ酸類(L-カルニチン)、酸化防止剤(ミックストコフェロール、ローズマリー抽出物)*ミックストコフェロールで保存


メインはチキンが2つ。玄米は穀物の中でも栄養も豊富なことから赤色にはせず、粗挽き米とたんぱく加水分解物とビートパルプをあまり良くない素材として挙げました
とはいえ価格帯で考えても肉類、魚類、野菜類に栄養素のミネラルも揃っていて十分価値のあるドッグフードだと言える原材料のラインナップですね

 

穀物類は配合されていますが、麦、大豆、とうもろこしなど安価であまり良い影響がでないものに比べると特に問題ないものがほとんどなのと、着色料、香料、化学合成物など好ましくない素材は一切配合していない点も◯

 

シュプレモの良い点を見てみよう

・比較的低価格で安全度が高い
・添加物もある程度は排除できている
・同価格帯ではトップクラス

 

シュプレモはドッグフードの相場でみると、高すぎない価格帯にあります
これより高いドッグフードに、ロイヤルカナンやサイエンス・ダイエットなど、価格の割におすすめできないドッグフードもある中でシュプレモはかなり健闘している方ドッグフードですね

 

特に価格の点はとても大きなメリットですね。当サイトでおすすめしているオリジンなどのもう一歩上のドッグフードに比べると多少品質は落ちてしまうところではありますが
それでもわんちゃんに与えていく上で、価格通りの品質は十二分に発揮できると思います
同じ価格帯ではトップクラスに品質が高いので、似たような価格帯で悩むようならその中でもシュプレモは選びやすいドッグフードですね

 

シュプレモの悪い点を見てみよう

・品質・価格が中途半端

 

価格帯としては十分な価値があるシュプレモですが、選ぶ側からすると品質も価格も中途半端でもあります
バランスがいい、というよ聞こえがいいですがもっと上質なドッグフードもたくさんありますし、もっと安いだけのドッグフードもたくさんあります

 

私自身はシュプレモについて悪いとは思いませんし、それなりに備えている点は評価すべきことだと思います
ただ、総合的に見てシュプレモを評価するなら60点から70点ほどだと私は見ています
これっておすすめしにくいんですよね^^;それなら90点から100点のドッグフードの方がいいじゃん・・・ってなっちゃいます

 

悪くはないんですが、良すぎることもない。メリットにもなりデメリットでもあるのがシュプレモの特徴かな、と思います

 

シュプレモの総合的な評価は?

安価なドッグフードよりは十分信頼できて、けれども本当に良質なドッグフードに比べると一段劣ってしまう・・・というのが私なりのシュプレモの評価です。もしシュプレモを選ぶ場合はそこが全てでもあります

 

良い点でも挙げたように、同じような価格帯で悩むときにはシュプレモはおすすめできます
それらの点も加味してシュプレモの評価をしますと・・・

 

シュプレモの評価は・・・

 

やっぱり限定的にすぎるといいますか、本音を言いますとシュプレモを与えるならもう少し背伸びしてでも良質なドッグフードを選んだ方が、と思ってしまいます


 
犬について ドッグフードの選び方 オススメのドッグフード