犬用ビール

どぐせれ流、犬用ビールの評論あれこれ

このエントリーをはてなブックマークに追加   

公開日:2016/11/4 更新日:2016/11/4
犬用ビールについてですが、結論から言ってしまうと、人間の自己満足でしかありません!与える価値はありませんね!!

 

・・・というのは本音でもありますが、さすがに風情がなさすぎるので
もうちょっと深くに考えてみましょう

 

そもそも犬用ビールとは、普通のビールとは違いノンアルコールでできています
アルコールは中毒を起こす可能性が高いので、当然飲ませられないので、犬用ビールはおやつのようなものです
とはいえビールのシュワシュワ感や炭酸を飲むような感覚は味わえるみたいで、おいしいおいしいと飲むわんちゃんが多いみたいですね

 

"ビール"である理由は、その場で一緒に楽しめることですね
親しい友人知人との飲み会って楽しいですよね?
ちなみに、ここではあまり楽しくない飲み会は省いてください!これからのお話が全部無駄になります(笑
楽しい飲み会は雰囲気や一体感がとても大事。みんなで楽しく気兼ねせず過ごす時間はまさに至福といってもいいのではないでしょうか

 

犬用ビールのコンセプトも、この一体感にあるんじゃないかな、と私は思います
言葉は通じなくても、気持ちを通わせて楽しむことができる・・・例え1人で晩酌することが多かったとしても、あなたが愛するわんちゃんがいれば十分、その上犬用ビールがあれば一緒に楽しい気持ちを共有できる、そんな "風情" ですね

 

人もわんちゃんも毎日飲み会をすると身体を悪くしてしまうかもしれませんが、たまにならとてもいいことだと思います。最初に言ったことはどこ行ったんだっていう笑
わざわざ人の雰囲気に混ざってもらうことは確かに自己満足かもしれませんが、わんちゃんにとってもおいしいおやつをもらえるなら、あなたとの一時の楽しみの共有もいいことなんだと思います

 

犬用ビールの注意点

さて、では原材料についてみてみますか・・・なんて空気の読めないことは今回はやめておきます。風情がありませんから
ただ、色々と注意は必要になってくるので、その点については把握しておいてくださいね!

 

あくまでおやつ、しかも飲料なのでそこそこカロリーはあると思います
どこかで体重を維持できるように、運動をしっかりと!

 

ないとは思いますが、間違って本物のビールを与えないようにしてあげてください!
わんちゃんにアルコールは、死も十分に見える危険度の高さです!

 

私たち人はお酒飲んで太っても自己責任ですが、わんちゃんの場合は付き合ってもらってる、という感覚で、どこかで飼い主であるあなたが体調のコントロールをしてあげましょう
それができないと、飲めない部下に無理やり飲ませるダメ上司のようなダメさになっちゃいますよ?笑

 

しっかりと責任を持ちつつ、一緒に楽しむ場所を作る・・・これさえできれば最高ですね。とてもいいことだと思います

 

そんな風情と現実をきちんとのみ込めた時にわんちゃんとの、言葉を越えた本当の晩酌があるのかもしれませんね

 

・・・ちょっと言い回しかっこよくないですか?笑
さて、いらないことを言ってないでお話を閉めたいと思います
これにて犬用ビールについてのお話を終わります。世間一般で犬用ビールもっとメジャーになってきたらもっと種類も増えて面白くなるかもしれませんね^^


 
犬について ドッグフードの選び方 オススメのドッグフード